太陽光発電と直流交流

電気には直流と交流があるのは御存じだと思いますが、現代の日本で生活をしていて、電気の種類まで気にする人も希少だと思います。

日本で主に使われている電気の種類は交流になりますが、太陽光発電システムで発電されるのは直流の電気になります。

したがって、太陽光発電システムで発電した電気を交流に変換する必要があるのです。

さらに、太陽光初でシステムにも、独立型システムと、系統連係型システムがありますが、独立型システムは、直流電気をそのまま使用するシステムであり、街灯に利用されていたりしますし、発電出来ない夜間のために日中に蓄電機に電気を貯めるシステムが主流です。

そして、系統連係型システムは太陽光発電の電力だけではなく、足りない電力を電力会社から購入するシステムです。

現在、家庭用に普及している太陽光発電システムは、ほとんど系統連係型システムであり、日中の電力を使わない時間に余った電力を電力会社に売る事もできるのです。